子どもの読み書き学習効果を飛躍的に高める全く新しい教材を販売開始しました。

子どもの読み書き学習効果を飛躍的に高める全く新しい教材を販売開始しました。
「凹凸書字教材シート」は、専門作業療法士による読み書き学習支援のノウハウを基に、特殊印刷によって学習効果をさらに高め、目(視覚)と手(触覚)の両方で感じる今までにない新しい教材シートです。

株式会社オフィスサニー(東京都荒川区 代表取締役:髙橋淳一、以下オフィスサニー)は、触覚に訴えて読み書きの学習効果を大きく高める支援教材『凹凸書字教材シート』の販売を開始しました。(特許申請中:特願2017-2958号)
学習支援専門家のノウハウと、オフィスサニーの特殊印刷技術による盛り上げ効果によって、とくに読み書き学習に困難を抱える子どもの学習効果を大きく向上します。その効果は既に各方面で実証されており、この度の本格発売によって全国の多くの子どもや親御さん、そして学習支援現場の皆様に喜んでいただけるものと確信しています。

pr1

こんな子どもに最適!

・手先の器用さ、なめらかな動作に不安のある子に。
・はみださないように書く練習になじめない子に。
・ただただ沢山なぞって書く練習が嫌になってしまった子に。
・「字の形を整える」「マスの中に収めて書く」ことが苦手な子に。

鴨下賢一先生監修
教材の内容は、発達が気になる子どもたちへのリハビリ指導の第一線で活躍されている鴨下賢一先生の全面協力を得て、先生の著書「発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ」に準拠しつつ、更に学習効果を高めるように作成されています。

book2

読んですぐに役に立つと評判の指導書です。

専門作業療法士 鴨下賢一先生
静岡県立こども病院に勤務。発達に不安や障害のある子どもたちとその家族への療育指導をするかたわら、特別支援学校等への教育支援、発達障害児に対する福祉機器の開発も数多く手がける。著書も多数。

根拠のある教材です
リハビリの現場で実際に、『凹凸書字教材シート』を使った学習の効果を測定したところ、以下のような結果が得られました。
「凹凸書字教材シート」と普通紙での描線 及び 描線時の筋活動の測定結果
札幌医科大学保健医療学部 作業療法学科 仙石 泰仁 教授

setumei
uzumaki
gurahu
matome
商品ラインナップ
pr3
なぞり書き編(14種類×各5シート 計70枚入)
模写①編(32種類×各5シート 計160枚入)
模写②編(31種類×各5シート 計155枚入)
ひらがな編(20種類×各5シート 計100枚入)
マス目シリーズ(計4種類)
マス目(大)十字リーダー入り、無し(各100枚入)
マス目(小)十字リーダー入り、無し(各100枚入)
お試し編(4種類 各25枚入)
◆オフィスサニーオンラインショップ(http://www.office-sunny.shop/)にて販売しています。

教育用品通販カタログ“UCHIDAS”でも販売開始
株式会社内田洋行が発行する学校向け通販カタログ「UCHIDAS」の最新版でも購入可能です。
pr2

このリリースのお問い合わせ先:
株式会社オフィスサニー
教育支援教材事業部 担当:高橋
東京都荒川区東日暮里4-4-6
TEL. 03(3802)1900 FAX:03(6800)2916
info@sunnydesu.com

PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000023111.html

ページ上部へ戻る